インターネット・ビジネス黎明期は、過ぎ去りました。

様々な虚飾にまみれた時代の終焉を意味します。

これからの時代は、本物のみが通用し、収益を伸ばし続けることが可能な厳しくも"真の実力主義"の時代がやってきます。

さて、"真の実力主義"とは言いますが、やはり、人間として最も大事なことが高いレベルで運命を左右することになるでしょう。

今日は、真に優しい人、自分に対して真剣で誠実である人を見分ける一つの方法(ガイドライン)もお伝えします。

Sponsored Link

■"アフィリエイトの森"迷える子羊を狙う捕食者達に注意せよ

アフリカ 人 やさしさ
出典:pixabay.com

アフィリエイト業界を10年以上眺めているとそれなりに多くの出来事があります。

「人にとって一番大切なことって、やっぱり"愛"じゃないですか?」とメルマガで熱弁していた方の企画に参加した途端に、実際はPCやITの知識が乏しい女性をカモにしようという色々な仕掛けが仕組まれており、男性には物凄いやる気のないメールと対応で、優しさどころか、冷たさしか感じない人って結構多いのです。

こういった人を騙そうとする性質の方は、今後インターネットで食えないどころか、とても悲惨な運命が待ち受けているのが筆者には視えています。

このような詐欺師達は、常に"人の心を動かすことを研究"をしていますから、人の心を揺り動かすようなことをいとも簡単に言う才能を持っています。

アフィリエイトやインターネット・ビジネスは成功者からのコンサルティングなくして成功はあり得ますが、非常に時間が掛かります。

筆者の周りの成功者達は、みなコンサルティングを受け続け、アフィリエイト塾の在籍者達ばかりだからです。

素人では発想しようのないアメリカでITに精通したマーケティングのプロにより開発されたビジネス・ノウハウが存在し、それを日本に輸入し、日本のインターネットの土壌にアレンジし、何処の業者をどの場面で使用すれば良いか教えてくれるだけでなく、この業界で成功する為のコネから人脈まで全てを駆使して推してくれるからです。

勿論、貴方1人で1からネットビジネスを成功させれるのであれば、どうぞ1人でやってください。できるのであれば。

では、貴方がアフィリエイト塾や、有料コンサルティングを受けようとする時に、「このコンサルタントならば、信じて教わりたい」と思える人を探すのに最適な方法は何であるか、筆者がお教えします。

まずはその人のサイトやブログをしっかり読んで、その人の考え方と自分の考え方が一緒か、ビジネスへの視点が自分と一緒かをしっかり判断していってください。

次に、その人にブログなどからメッセージを送ってみましょう。勿論、無料で相談できる機会ですから、遠慮なく送ると良いです。

返ってくるかどうかは、その人次第です。

でも無料で丁寧なメールが帰ってきたとしたら、その人は有料コンサルタントとなった時も丁寧な指導をしてくれる可能性が高いわけです。

一方で、メールが帰って来ない、返ってくるのが、3日以上掛かる、返信内容が薄い、少ない、気持ちがない、このような人は無料だからとサボっているのかもしれませんが、無料だからと手を抜く人は有料でも手を抜くことが容易に想像が出来るわけです。

このように、起業家の世界は、サバイバルです。

稼ぎ出せば稼ぎ出すほどに、ヤるかヤられるかぐらいのサバイバル精神が必要となってきますので、"精神の指針"カテゴリーでしっかりと"強い心"を学び、虎視眈々と未来を見据え、四方八方にアンテナを張っていくことが大切だと思います。

 

 

■真の優しさとは、咄嗟の気遣い、社交辞令にこそ滲み出る。

女性 やさしさ
出典:pixabay.com

それでは、虚飾で無い"真の優しさ"を日頃から実行している人を"文面"で読み取るにはどうしたら良いでしょうか?

リアルの世界では、その人の"目"を視れば大体のインスピレーションを貰うことが出来るかもしれません。

でも、それ以外のことって、リアルでもネットでも一緒なんです、つまりネットだからと"隠せない"のです。

優しい人、優しくあろうとする人は、、、人や動物に対する"優しさの研究"を常日頃から行っているのです。

毎時のように、自分の発言をチェックして、人の心の大切な領域に土足で侵入していないか、今その人はどんな気持ちでこの場にいて、どう言って欲しいのか、どう言ってあげればその人の為になるのか?

甘い言葉ばかりではありません。常にこのようなことを考えて生活をしているものなのです。

筆者も、親しい友人知人の多くをこのネット・ビジネスの業界、アフィリエイトの業界に誘って、自らコンサルティングしてあげたいと思うのですが、筆者の"大きな目"がそれを許しません。ですから、浮いた話は日頃一切しないように口と心にチャックをしています。

その人にとって最も最適な修行の場がその人の現在の職場であることがほとんどであり、例えネットビジネスで成功に導いたとしても、その人の"人生掛けた貴重な修行"の邪魔をしてしまうことになるからです。

自らネットで検索してこの『IBORC [アイボーク]』へと辿り着き、そこから筆者の文章、滲みだす世界観からインスピレーションを受けた方のみにしか、指導すべきでないと思っているのです。お金を稼ぐことのみが人生の成功だと思っている方は、筆者とは完全に相性が合いません、お金を稼ぐのは幸せに生きる1つの要素に過ぎないからです。

さて、話を戻しますが、日々、"優しさに対する研究"を続けていくと、咄嗟の時に、"気遣いが出来る人間"になります。

「○○さん、髪切ったんだ!?いい感じだねー!」とか、「今日、風邪だったよね?帰ったらゆっくり休んでよ、よく頑張ったね!」とか、「お!?今日はなんかオシャレされてますねーこれからお出かけですかー??」とか、「おめでとうー!!!わっしょいわっしょいだねー!」など、これらは気遣い、社交辞令の基本ですね。

例えば同じマンションの人と敷地内で会ったら、「こんにちわ」と必ず挨拶するのも住民の人へ安心して気持ちよく生活してもらう為のの気遣いですし、エレベーターを年配の方と同室したら、目下(年下)の方から、「こんにちわー!」と挨拶し、その人が顔見知りの目上の人ならば「今日は熱いですね~」などと何気ない当たり前の会話を振ることも気遣いであり、社交辞令なわけです。

今挙げた例は、通常、相手側が、話しかけて欲しいタイミングなわけです。

それを自分自身の心の経験から察知して、すぐ反応して言葉に出す、"優しい人"、"優しさを日々研究する人"は、これが条件反射のように出来るように優しさが鍛えられているわけなんですね。だから、外すことがない。外したとしたら、よほど嫌いな相手、付き合いたくない相手に対してなわけです。

ですから、このような気遣いや社交辞令は、1秒、1文で出来てしまう訳なのです。

この1秒、1文も出来ない人は、日頃から優しさが徹底されていないからエラーとして言うのを、書くのを忘れてしまうわけですね。

もしくは、貴方に対しては、1秒も、1文も割けない人であるということを自ら教えてくれている貴重な人であると言えるわけです。

ですから、このような人とは、お付き合いすると本当に疲れてしまいますし、筆者の自らの体験を通したリサーチから良い結果が一つもなかった為に、ビジネスをやる上でも付き合わない方が最善であると言えるわけです。

このようにして、優しさ、礼儀作法までいかなくとも、日頃の気遣い、社交辞令にその人の優しさと礼儀への習熟度というものが露見してしまう、"ネット上とはいえ隠せない"ものなので、是非、皆さんもこのことをしっかりしてビジネスを行うことをお勧めします。

そして、もうお分かりになったと思いますが、"優しさの研究"が進んでいない人は、人の心に土足で入ることも、意図せず、エラーとしてでも、発してしまうのです。

例えば、筆者は、「運動して下さい」とアフィリエイトを志す人に頻繁に言いますが、必ず、(病気、怪我、その部位に身体障害が無い方)と注意書きをします。病気、怪我、その部位に身体障害のある方は、「運動したくても出来ない」のです。そういった様々な人の様々な苦悩を日々、筆者は研究しているからです。

こういった理由から、「正義感と優しさと気遣い、人の心を思いやる」これらは、今後の起業家(アフィリエイター)として成功するための必須条件となってくると言えるわけです。

貴方がもし、自分自身を「優しくない」と思うなら、諦めてはいけません、"優しい"というのはコンマ1秒の状態です。次の瞬間「優しい人」が"優しい"である保証はどこにもないのです。

「優しくない人」はまずそのレッテル貼りを自分自身にするのを止めて、むしろ「優しい人」のレッテルを自分自身に貼り変えて、日々"優しさを研究する人"となっていってください。

そして、最後に、"優しさ"とは"甘やかす"ことではありません。時に、"厳しい優しさ""本当の意味での優しさ"というものが存在することを肝に命じて下さい。これは"正義感"という"優しさ"よりもより高度で時に身の危険も省みない精神が必要となっていきます。傍から見たら"無礼者"や"無頼男"に映るかもしれません、しかし、それが出来る人が真に"優しい人"と言えるでしょう。

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

 

 

 

■『IBORC:Secret Circle Mail Magazine』のご紹介

IBORC MAIL MAGAZINE ICE green waku
IBORC SECRET CIRCLE MAIL MAGAZINE